無料で使えるABテストツールGoogle optimizeの導入方法まとめ

analytics Optimize
Optimize
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回はGoogleが提供している無料のABテストツールである「Google Optimize」の導入方法についてまとめます。

「そもそもABテストってなんぞや」と思われた方は合わせてこちらの記事も参照ください。

ABテストの基本と失敗しないために押さえるべきポイント3選

Google Optimizeとは

Google Optimizeとは、Googleが提供する無料のABテストツールです。
ABテストでよく比較対象になるツールと言えばOptimizelyやKAIZEN PLATFORMがありますが、こちらは有料ですね。

Google Optimizeは導入もしやすくABテストをライトに始めたいユーザーには重宝されるツールです。

メリット

メリットは何と言っても導入ハードルの低さです。
無料であり、GTM経由でタグを設置すれば即利用開始可能です。

 デメリット

デメリットとして大きいのは、Bパターンを表示する前にAパターンを一旦読み込んでからBパターンに切り替えるため、AからBに切り替わる「ちらつき」が発生する可能性があることです。

サイトの速度によっては発生しますが、私のサイトでは特に気にならない程度の挙動だったのでテストしてみてどのくらいちらつくのか確認するのが良いでしょう。

それではGoogle Optimizeの導入方法について見ていきましょう。

Optimizeを導入する

まずはGoogle Optimizeのサイトにアクセスし、右上の「オプティマイズにログイン」をクリックします。

ウェブサイト、A/B テスト、パーソナライズのソリューション - Google オプティマイズ
Google オプティマイズには、中小企業が魅力的なユーザー エクスペリエンスを構築するうえで役立つ機能として、A/B テスト、ウェブサイト テスト、パーソナライズ ツールが備わっています。

optimize_1

次の画面で真ん中にある「利用を開始」をクリックして、次の画面でアンケート・設定項目を確認したら導入自体は完了です。

optimize_2

初期設定

Google Optimizeを利用するために、今回はGTMを活用して設定を進めていきます。

コンテナの設定

まずはコンテナの設定をしていきます。
Google OptimizeはGTM同様にアカウント>コンテナの階層構造になっていて、ここでスニペットを取得したりGAと連結したりできます。

まず、右上にある「設定」をクリックします。

optimize_5

コンテナ設定を開くと以下のような画面になるので、まずはコンテナ名を任意の文字列に変更しましょう。

optimize_6

アナリティクスにリンクする

続いて②「アナリティクスへリンクする」をクリックすると以下のような画面になるので、プロパティを選択して使用するビューを指定しGAとリンクさせます。

optimize_7

GTMタグを設置する

その後、③オプティマイズスニペット内にあるIDを取得してGTMで設置します。
GTMのタグ設置画面でタグタイプ「Google Optimize」を選択します。

optimize_8

任意のタグ名をつけて「オプティマイズ コンテナID」に上記でコピーしたIDを入力し「Googleアナリティクス設定」でGA設定変数を選択します。トリガーはAll Pagesを選択しましょう。

optimize_9

拡張機能をインストールする

最後に、ABテストを設定したのちの検証段階で使用するGoogle Optimizeの拡張機能をインストールしておしまいです。

optimize_10

まとめ

いかがでしたか。

Google Optimizeは少ない手間で導入することが可能なので、活用してパフォーマンスを上げていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
Log Stocker
タイトルとURLをコピーしました