【GA】検証画面Networkタブで確認できるパラメーターの一覧

coding Google Analytics
Google Analytics
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今回は検証ツールのNetworkタブを開いた時に出てくるQuery String Parameterについて、パラメーターごとにどういった値が取得されているのかの一覧があるといいなぁと思っていたので、リファレンスを参考に私が業務上よくみるものをピックアップして参照しやすいようにまとめてみました。

以下記事でも触れていますが、GAにどんなイベント・データを飛ばしているのかを確認する際に使用するので、確認時にどのパラメーターを参照したら良いか悩んだ場合は参照頂けたらと思います。

【新画面対応】GTMでタグ設定した後の検証方法を徹底解説

共通

まずは全てのヒットタイプで共通のパラメーターについてご紹介します。

<ヒットタイプとは>
どんなデータなのかを表す種別で「pageview」「screenview」「event」「transaction」「item」「social」「exception」「timing」のいずれかが入ります。GTMで設定しているのであれば、選択した「トラッキングタイプ」に応じて「t=pageview」の形式で表示されます。
パラメーター 説明 値の例
t hit type
ヒットの種類
「pageview」「screenview」「event」「transaction」「item」「social」「exception」「timing」
dl document location
ページの完全な URL
https://www.log-stocker.com/analytics/gtm/1499/
dt document title
ページのタイトル
【新画面対応】GTMでタグ設定した後の検証方法を徹底解説
tid tracking id
データの送り先のGAプロパティを識別するためのID
UA-XXXX-Y
cid client id
個々のユーザーに固有のID
xxxxxxxxxx.xxxxxxxxxx
vp ブラウザと端末の表示領域 1131×789
sr 画面の解像度 1440×900
sd 画面の色深度 24-bit
ul 言語 ja
de ページやドキュメントのエンコードに使用する文字セット  UTF-8

 

ヒットタイプ「event」で使用可能

続いてヒットタイプが「event」の場合に使用可能なパラメーターについてまとめます。

パラメーター 説明 値の例
ec event category
イベントカテゴリ
イベントカテゴリに指定した値
「読了」
ea event action
イベントアクション
イベントアクションに指定した値
「/analytics/gtm/1499/」
el event label
イベントラベル
event labelで指定した値
ev event value
イベントの値
イベントの値で指定した値

今後EC関連など、私が業務で扱っていない領域についても必要に応じて拡充していこうと思いますが、ご要望等ございましたらお問い合わせより頂けますと幸いです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
Log Stocker
タイトルとURLをコピーしました